携帯アクセス解析

    ニートですが何か?

    失業してゴクツブシです。 暇なのでネット徘徊とゲームばかりしております。 ネットで見つけてきた面白いネタやら商品やら紹介していきます。 たまにフリーソフトの使い方とかも入れてみるヨ。

    スポンサーサイト 

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    今年を振り返る!2013年の年間ランキングは!?

    FC2Blog Ranking 人気ブログランキングへ ブログパーツ

    [ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

    LOGICOOL ステレオスピーカー Z120BWとクリエイティブ 2.1チャンネル ステレオ アクティブ PCスピーカー SP-SBS-A120の比較 

    アマゾンのオーディオ部門で1,2位で売れてる(当時)
    LOGICOOL ステレオスピーカー Z120BW

    クリエイティブ 2.1チャンネル ステレオ アクティブ PCスピーカー SP-SBS-A120
    の比較です。
    どっちも安いので同じ日に購入しました。
    この時点で頭ちょっとオカシイのかもしれませんが
    どっちか買ったら,あっちはどうだったんだろー?ってきっと気になると思うのでOKOK。
    ネットで検索しても比較してる人の記事見つけられなかったので特に。

    ネットで知られる簡単な比較説明としては

    ○LOGICOOL ステレオスピーカー Z120BW
    ・価格は1000円以下くらい
    ・USB経由で電源取るタイプ
    ・小型の割りに性能が良いらしい

    ○クリエイティブ 2.1チャンネル ステレオ アクティブ PCスピーカー SP-SBS-A120
    ・価格は2000円以下(購入当時・今は売り切れ)
    ・電源は家庭用100V
    ・この値段で2.1ch(.1というのはサブウーハー,低音担当なので映画とかで迫力求めてる人向け)

    以下長文のレビュー

    実際に使ってみて感じたこと。

    ●LOGICOOL ステレオスピーカー Z120BW
    ・1000円以下でこの音が出せるなら良い感じです。
    安いカーステレオの標準スピーカーより綺麗な音かも。

    ・USB経由で電源取るので,最近流行?のリチウムバッテリータイプのスマホ充電器に
    つなげても再生が可能。その他100円ショップ等でも売ってる
    USB端子をさせる電池式バッテリーでも動きました。
    (電池をエネループにしても動きました)

     ただ,100円ショップの電池式バッテリーだと電池の出力が落ちてきたり
    電池式バッテリーの出力がそもそもしょぼいものは安定して音が出なかったり
    だいぶノイズっぽくなったりすることもあるかもしれません。(たぶんOKですけど)
    最近iPhone4とかの充電対応って書かれてるものもあるのでそれ買えばいいかと。

    ・音量一杯まで上げるとうるさすぎる位なので家でも外出先でもどこでも使える
    という点について小回りが利きます。
    ※家庭内で使うにしても家庭用のコンセントからUSBに変換する方法もいくらでも今はありますし
    常時電気を気にせず使えるかと。

    ●クリエイティブ 2.1チャンネル ステレオ アクティブ PCスピーカー SP-SBS-A120

    ステレオの左右のスピーカーの大きさは上述のロジクールのものと大差なしです。
    でもサブウーハーは500mlのビール缶6本入りパック+高さはそれよりちょいとる
    ってくらいのスペースが必要なので置くスペースは考える必要有りです。
    さらに,ウーハーなので響くのでなるべく床なり設置面が安定してるところに置かないと
    音が濁ります。(映画の台詞とか聞きづらくなる感じに。)

    で,それを解消できないもんかと思って趣味の100円ショップめぐりで
    下記のものをみつけたのでスピーカーの各足に置いたら改善されました。
    ※ウーハーはアマゾンの画像とかみたらわかりますが四足です。

    武田コーポレーション 防振マット セリア

    なんか専門用語でいうところのインシュレーターというものの代わりみたいなもんです。
    インシュレーターwikiリンク
    インシュレーターについてわりと詳しくのってるリンク

    振動に多少気を遣うと確かに音が変わったというのはわかったので
    個人的にすごい意外というかどうせグッズなんて効き目なしでしょ,ノーマルでいいじゃん
    って人は手間かけた方が幸せになれるかもと思って紹介です。
    ※本気で市販されてるインシュレーター購入となると安くても数千円,高い物は一個何万円もするので
    個人的には100円ショップの防振マットとかで満足ということにしときます。
    100円なのでサイズ切って好きなようにやっても金銭的に痛くないという。

    途中まで下書きでしてたのをいまさらアップですみません。

    それではまたです,ノシ

     

    スポンサーサイト
    今年を振り返る!2013年の年間ランキングは!?

    FC2Blog Ranking 人気ブログランキングへ ブログパーツ

    [ 2013/11/24 08:54 ] 買ったもの紹介 | TB(0) | CM(0)

    スマホのPHOTON(ISW11M)を買いました。 

    題名の通りです。
    MOTOROLA PHOTON(ISW11M)
    http://www.au.kddi.com/seihin/ichiran/smartphone/isw11m/

    をレクサスプランニングという店でネット経由で買いました。
    24か月分割払いで通信費とかで相殺なので実質0円でした。

    まだ買って間もないのでレビュー書くほどでもないのですが
    これといって困ったことはないです。

    メリットとデメリットを箇条書きで列挙しようかと思います。
    ※私は中華端末と従来式の携帯しか持ってなかった人です。

    PHOTONのメリット
    ・バッテリーの持ちがいい。(安心して使える)朝出かけてから夜まで充電しなくてもOKなレベル
    ・スピーカーの音質が良い。(安いノートPCとかより良い音質で最大音量にしても音割れしない)
    ・テザリング公式対応(PCとかを携帯の回線につないでネット接続できる)
    ・WiMAX対応で速度で困ることはなさそう。(購入の当月および翌月の+WiMAX月額利用料が無料です)
    ※WiMAXは使った月は525円,使わなかった月は0円です。
    ただ,WiMAX回線のデータ通信量が3Gにも反映されるのか,3G使ってないから
    料金は525円だけ!とかにはなりません。Wifi運用したい人は使わないほうが良い。
    ・大抵のアプリはまともに動く(CPU1GHzデュアルコアなので当然といえば当然)
    ・Dockを別途買えばHDMI接続とUSB接続等でパソコンチックな作業ができる。
    (買ってないので今のところ分かりません)
    ・3.5mmヘッドホンジャック有(好きなイヤホンとかそのまま刺せます)

    PHOTONのデメリット
    ・アクセサリ,周辺機器が少ない。
    (ケースもインターネット経由くらいしかなさげで作ってるメーカーが少ない)
    ・基本はSIM使えない(いじれば可)機種増設すると以前の端末らは使えない。(SIM無効になるので)

    といったあたりです。

    Biblioに続き,またしてもマイナーなものを買った感じですが
    端末の動きとしてはストレスなくできるのでいいかと思います。
    ただ,従来の携帯(俗にいうガラケー)の時と比べて電話帳(アドレス帳)のアプリが
    標準のものだとそのままブルートゥース経由で移しても
    グループ分けがなされてなかったりとPHOTON内で再び分ける必要があります。
    また,標準のアドレス帳は使いにくいので
    Garlic電話帳を入れることを強く勧めます。(スマホ全体に言える事)
    https://play.google.com/store/apps/details?id=an.garlic.tool.contacts

    紹介説明書いてるところ
    http://octoba.net/archives/20100629-android-1778.html

    あと,skype for auについては国内電話をskype経由でかけようとしたら
    auの普通の電話回線使おうとしたり,ファイル通信機能やビデオチャットができないとかで
    本家skype入れたほうが機能面等で良いです。
    本家だと国内固定電話月々700円弱でかけ放題とかがあり
    そっち使って私はかける方なので特に困りました。
    今は両方のskype入れてアカウント使い分けしてます。

    パッとさわって気になったのはこのあたりまでです。
    また何かあれば書くかもしれません。

    //

    アンドロイド端末は中華パッド以外では初めてということで
    少しだけ戸惑いましたが,買ってて良かった中華端末!ってわけでもないですが
    割と直感的に使えるようになってます。
    静電式のタッチパネルってことで操作性はまあいい感じです。
    感圧式でもそれほど困らなかったですけどね。

    ほんとは日本のメーカーのものを買いたかったのですが
    日々見ているアンドロイド端末のニュースによると評判がいいものが少ないです。
    日本の端末はデータが消えたとか通話機能がそもそもバグで一時できない状況になってたり
    メール打つのにももっさりだとか開発途上な感じがバリバリしてたんで
    国内メーカーの物を選ぶのはまだ先でいいかといった感じでした。
    ※全部そういうものばかりでもないですが,外れが多い印象です。
    ソニーのエクスペリアあたりは評判は上々のようです。

    そういえばスマホからプリンターにデータ送って印刷って機能
    ブラザーのDCP-J925Nについてるので今度試してみます。

    ・・・去年,今年とモノ買うのはいいけれど使いこなしてない感があります。
    スキャナ買ったよーワーイ!で終わったり電子手帳しかり,中華パッドしかり。
    ただどれも便利なのでぼちぼち平行して使ってみるつもりです。
    共通してmicroSD使えるってことで
    スマホで文献やデータ拾ってきて電子手帳に入れてみるとか
    ちょっと大きな画面で見たい時は中華パッドに入れてみるとか
    外出先でスキャンしたものをスマホとかに入れて,データ送るとか。。。
    色々合わせることで楽しいかとは思います。

    それではまた。 今年を振り返る!2013年の年間ランキングは!?

    FC2Blog Ranking 人気ブログランキングへ ブログパーツ

    [ 2012/03/18 05:40 ] 買ったもの紹介 | TB(0) | CM(1)

    中華パッドのレビューです。(Wondermedia wm8650) 

    とりあえずちょっと前に届いたタブレットPCのレビューです。
    買ったものはこれです。
    http://www.bigpad.jp/via8650-wm8650-android-2-2-mid-7-rj45-flash-10-2-800mhz-pc-p-12680

    私が買った日7月上旬でそのときは、6,069円でした。
    今見たら7300円になってますね。円・元の為替相場の影響が大きいのかもしれません。
    ちょこちょこ値段が変わるかもしれないってことですな。
    ※2011/7/29現在 円が弱くなってます。

    端末のモデル番号
    wondermedia wm8650(参考ページ)
    http://www.wondermedia.com.tw/en/products/platform/soc/wm8650/index.jsp

    さて、届いたもののレビュー(スペックは私自身Androidの事は詳しくないので下に書く程度)です。

    届いたまんま使おうとした場合、中国語のアプリが多いので
    日本人としては使いにくいです。
    起動には電源を入れてから時間は50秒ほどかかります。
    この辺はまあ、6000円程度のものに期待するなよってところ。
    マニュアルもついてましたが、英語と中国語のもの。
    メーカー、スペックについては記入無しでした。
    使い方とか対応してるメディア形式とかはわりと書いてありました。

    言語を日本語にしてちらっと使ってみましたが
    本体いじらないままだとApp marketからソフトをとってくることになるので
    日本語”入力”ができないっぽいです。
    中国のソフトよく検索にひっかかる感じです、App market。

    ・メディア再生能力

    動画、音楽、画像を見るのには元からついてるmy videoとかそういうの使えばOKです。
    動画に関しては360p程度なら普通に再生可能です。
    ただ、”H264”の720pになるときついみたいです。
    ※ショップ情報ではH264 (720× 480)まで対応。

    HD 720(1280 x 720@H264) ところどころカクカク
    HD1080(1920 x 1080@H264)音楽は再生されるけど、画像は出ない。

    って感じになりました。

    もともと画面の解像度が800x480で、HDMI出力対応してないから
    こんなもんでOKってところ。

    PDFもAcrobat readerで読み込み可能。
    画像が含まれているものはめくるのが早いと半ページくらい読み込み時間が
    多少出てくる感じ。
    また、解像度がPCと比べると小さいので
    画面横向きにするほうが文字が読みやすい。
    論文で言うなら、縦向きなら英語のはそのまま、日本語なら少し拡大しないと
    読めないってあたりです。

    Flashも広告表示されますし、ニコニコ動画やアプリも
    もっさりだったり、カクカクながら再生できるところをみると
    対応してますね。

    ・WiFi性能

    無線LANに関してはときどきアクセスポイントを見失う。
    接続ができなくなる現象が発生。
    特に動的IP設定時が顕著です。
    無線LAN親機から1m以内にいても見失う謎仕様。
    静的IPに設定するとわりと安定します。
    ※出荷時の中華仕様の状態で無線LANもっとまともにならんものか?
    ということもありUBEROID入れたくらい。
    対策としては電源の入れなおししたほうが早いです。

    距離的な問題でも電波拾ってくるのが得意じゃないようで
    階が違うところにある無線LANは拾いにくいと思ってもらうといいかと。
    その辺は電波の強度によります。
    最近のアンテナ何本も出てる無線LANアクセスポイントならいいのかもね?
    って感じで、うちの環境だとフロアが違うとちょこっと入るだけで
    すぐ切れる感じです。

    携帯のToshiba製Biblioよりも無線LANの電波拾ってくるのが下手
    ってたとえくらいが個人的にはしっくりきます。

    ・画面
    感圧式、解像度は800x480
    抵抗の画面2点タッチスクリーン,TFTディスプレイ
    とあって、この抵抗っていうのは感圧式です。
    ディスプレイは横長の状態に置いた場合(動画観たりするシーン)では
    横から見る分には結構よさげ。
    上下方向から角度つけてみると暗いって印象でした。
    10~20度程度が限度。横からは45度くらい角度ついてもそこそこ見える。

    タッチパネルの性能は”感圧式としては”まあまあかとおもいます。
    ソフトウェアキーボードで横画面なら押し間違い、反応無しっていうのは
    まずないくらい。
    さすがに静電式には負けるけれど(静電式の自分では所有してないけれど試しての比較)

    ・バッテリー

    ショップサイトの表記では10時間以上と書かれてますが
    実際に通常の明るさで使った感じでは2、3時間程度で切れました。
    ブラウザとかも結構な負荷をかけてるってことかもしれません。
    さらに、バッテリー制御システムそのものがかなり怪しいです。
    1時間で充電100%になってたり、バッテリー残量15%以下から
    5分程度で電源落とす処理に入ったり。(出荷時そのままでもそんな感じでした。)
    バッテリー満充電がちゃんとできればそれなりに伸びるのかもしれませんけど。
    あと、WiFi対応ってことでどうしてもほかのソフトの更新とかで
    電力を食うってことで仕方ないのかもしれません。

    あと、ちょっと本体が熱くなります。
    皮膚の温度よりちょい高め、って程度です。
    やけどするほどではないですが、ちょっと気になりました。
    携帯を長いこと使ってるのと同じ感じ。

    ・USB
    本体付属のパーツをつけてUSBの機器で使えるものあるみたいです。
    Microsoft Notebook Optical Mouse 3000がとりあえず使えました。
    ドライバとかいらないです。
    プチパソコンみたいな。
    キーボードもわりと使えるみたいです。
    でもキーボードを通すと入力変換が携帯より遅いのでパソコンと同じ感覚では使えない。

    無線式のNatural Ergonomic Desktop 7000を試しにつけてみたら
    キーボードはOK、マウスは5ボタン式のためか左クリックが反応せず
    って形でした。ポインタはOK。

    と、だいたいこんなかんじです。
    使ううちに慣れてくるかと思いますが
    アンドロイドマーケットに何があるかも
    あまりわからないので適切な使い方してない気がします。

    下記、ソフトにより表示されたスペック
    @Quadrant Standard Edition(Version1.1.7)使用

    CPU:ARM926EJ-S rev5(v5l)
    ※wondermedia wm8650で検索すると
    WM8650 800MHzって書いて他のショップでも売ってるので
    そういうものかもしれない。

    Cores:1
    Architecture:5TEJ
    BogoMIPS:797.97
    Serial#:0000(0が並んでるだけ)

    Memory
    Total:208632KB
    Free:11832KB
    Inactive:72664KB

    Display
    Resolution: 480x800
    Refresh rate:60Hz

    GPU(OpenGL)
    Vendor: Android
    Renderer: Android PixelFlinger 1.3
    Version: OpenGL ES-CM 1.0

    //

    UBEROID(Final 6.2)を入れてからAndroid marketに対応できたので
    とりあえず買ったら入れるといいかもって思いました。
    番号は8で私の環境では動いたので参考にしてください。
    UBEROIDのリンク(アカウント登録しないと見られない・英語)
    今度、入れ方も多少取り上げるつもりです。
    ※アンドロイドマーケットに対応できても電話番号がない端末のため
    マクドナルドのクーポンのアプリとか、チェックが厳しめのソフトは
    使えないです。その辺は携帯とは違うってことで。

    ※用意するものはmicroSD一枚です。
    作業はwindowsでソフト起動させてmicroSDにコピーして
    それをこの端末に入れて起動して自動インストールっていう
    っていう単純なもの。

    アンドロイドでとにかく安い端末はないかな?って探してる人や
    youtubeを手軽に観たいとか
    小説読みたい、ツイッターを別の端末で流し読みしたいとか
    そういう用途に向いてる端末です。
    あとは、デジタルフォトフレーム探してる人とか。

    逆にインターネットのウェブサイトで細かい字を何時間も見るって人には
    解像度的に向いてないです。
    ※拡大縮小できるけれどiPadみたいなスムーズさはない。

    改造とか、相場調べるのに
    キーワードとして有効だと思われるもの列挙しておきますね。
    WM8650
    Wondermedia wm8650
    UBEROID

    同じ名前でもバッテリー容量とか微妙に違っていたりしたり
    Flash対応してないとか、microSDとかUSBに難有りってことも
    書かれてるところもあったのでショップにより
    当たるも八卦ってな感じみたいです。

    それではまたです、ノシ 今年を振り返る!2013年の年間ランキングは!?

    FC2Blog Ranking 人気ブログランキングへ ブログパーツ

    [ 2011/07/29 03:48 ] 買ったもの紹介 | TB(0) | CM(4)
    人生が輝き出す名言集


    presented by 地球の名言
    PC、テクノロジー、ゲーム関係のニュースRSS
      RSSデータ読み込み中……
    ツイッターのつぶやき
    フォローする
    カレンダー(月別)
    10 ≪│2017/11│≫ 12
    - - - 1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30 - -
    全記事(数)表示
    全タイトルを表示
    楽天広告
    天気予報

    -天気予報コム- -FC2-


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。