携帯アクセス解析

    ニートですが何か?

    失業してゴクツブシです。 暇なのでネット徘徊とゲームばかりしております。 ネットで見つけてきた面白いネタやら商品やら紹介していきます。 たまにフリーソフトの使い方とかも入れてみるヨ。

    スポンサーサイト 

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    今年を振り返る!2013年の年間ランキングは!?

    FC2Blog Ranking 人気ブログランキングへ ブログパーツ

    [ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

    Gmailを利用してスパムメールをフィルタリングではじく方法 

    ちと昼間にリンクしたところだと英語版の解説だったので
    適当に日本語版ではどうするかというのを書いてみます。

    POP対応の下準備

    画面右上の設定をクリックして設定画面に移り
    メール転送と POP 設定のところをクリック
    そしてPOP ダウンロードの項目は
    すべてのメールで POP を有効にする (ダウンロード済みのメールを含む)
    を選択して変更を保存。

    メール受信の下準備

    同設定画面で、アカウントの設定をクリック
    その設定画面で別のアカウントからメールを受信:のところで
    (別の)メール アカウントを追加をクリック
    そしてアドレスやIDやらパスワードをメールソフトでやってるのと
    同じようにやっていく。
    そして指示にしたがって有効になるようにする。

    *Gmailを使ってスパムメールフィルタリング方法*

    1.Gmailの画面の上の方のWEB検索ボタンの右にあるフィルタを作成をクリック
    2.キーワード:の入力欄に -in:spam をコピペして次のステップ>>をクリック
    ※警告が出ますけど気にせず次のステップへ。
    3.次のアドレスに転送:のところの左にチェック入れて
    アドレスは送りたい(スパム排除したい)アドレスを入れる。
    4.フィルタ作成ボタンをクリックで終わり。

    という感じです。

    アカウントの設定の時に送信の設定の方も
    自分で使うメールを登録しておいた方が良いです。

    とりあえず以上のことを一通りやれば
    PCのメールソフトで受信した時にGmail上でスパムメール
    除いたものが届くようになってると思うので
    比較的メールの処理は楽になると思います。
    万全ではないけれど、一度やればどのコンピュータから
    メールソフト実行してもフィルタかかってるというのは
    フォーマットとかちょこちょこする自分にはあってます。
    設定次第ではGmailの方に常にバックアップとっておけますしね。

    *追加メモ*
    PCのメールソフトのメール受信間隔を1分とかかなり短くしてると
    Gmailよりも先にメールをサーバーに取りに行くため
    上記のフィルタが有効に活用できない事がありました。
    解決方法としてはメールソフトの受信間隔は5分ほどに設定した方がいいです。

    Gmailに受信させ、振り分けたものを本来のメールアドレスへ送る
    という段取りがないとフィルタリングできないということです。



    関連記事
    今年を振り返る!2013年の年間ランキングは!?

    FC2Blog Ranking 人気ブログランキングへ ブログパーツ

    [ 2007/08/29 22:49 ] 仕事向きのソフト | TB(0) | CM(0)
    コメントの投稿













    管理者にだけ表示を許可する
    人生が輝き出す名言集


    presented by 地球の名言
    PC、テクノロジー、ゲーム関係のニュースRSS
      RSSデータ読み込み中……
    ツイッターのつぶやき
    フォローする
    カレンダー(月別)
    10 ≪│2017/11│≫ 12
    - - - 1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30 - -
    全記事(数)表示
    全タイトルを表示
    楽天広告
    天気予報

    -天気予報コム- -FC2-


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。